[スポンサードリンク]

2014年09月23日

道の駅で毒キノコを販売!

パックに詰められたキノコだったら警戒せずに食べるでしょうね。
まさか道の駅に並んでる商品に毒キノコが混ざっているとは思いませんよね。
高島・道の駅毒キノコ、被害者14人に増 滋賀県が販売停止命令
 滋賀県高島市朽木市場の「道の駅くつき新本陣」で販売したキノコのパックに有毒のツキヨタケが混入していた問題で、滋賀県は22日、食中毒の症状が出た人が12人増えて計14人になったと発表した。県は、道の駅くつき新本陣に対し、23日から3日間、食品販売業務の停止を命じた。
 県によると、ツキヨタケが混入した「山菜類」パック12個のうち、9個の販売先が判明。21日までに訴え出た2人に加え、購入した7グループの11人と、出荷した女性の知人1人にも、嘔吐(おうと)や腹痛の症状が出たことが分かった。内訳は京都市6人、愛知県3人、高島市2人、近江八幡市が1人。いずれも軽症で、快方に向かっているという。
 残る3パックは、レジの記録からまとめ買いされたことが分かっており、県は引き続き、購入者に食べないよう呼びかけている。

食べた人たちが軽症なのが幸いですね。
タグ:毒キノコ
posted by 挫其鋭 at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405862915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク集1/リンク集2/リンク集3/リンク集4/リンク集5

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。