[スポンサードリンク]

2009年11月25日

新型インフルエンザワクチンに重い副作用

新型インフルエンザワクチンに重い副作用が確認されたそうです。

副作用が確認された英系製薬会社・グラクソ・スミスクラインの新型インフルエンザワクチンは、日本も輸入する予定だった。

また、輸入を予定しているスイス系製薬会社「ノバルティス」のワクチンについても安全性を確認するため、スイスに調査団を派遣する。

引用:Yahoo!ニュース
h ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091124-00000530-san-soci
 日本が輸入を予定している英系製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」の新型インフルエンザワクチンで、通常よりも高率で重い副作用が確認されたことを受けて、長妻昭厚生労働相は24日、GSKだけでなく、もうひとつの輸入元であるスイス系製薬会社「ノバルティス」のワクチンについても安全性を確認するため、スイスで接種が開始された後、現地に調査団を派遣することを明らかにした。

 同日の閣議後会見で明らかにした。ノバルティス製のワクチンは11月にスイスやドイツで製造販売の承認がされているが、まだ接種は始まっていない。長妻厚労相は「おそらくスイスの方が(接種開始は)早いのではないか。安全第一で情報収集を徹底したい」と述べた。

 GSKのワクチンをめぐっては、10月から使用を始めたカナダで重い副作用が通常よりも高い確率で確認され、カナダ政府が17万回分の使用を取りやめた。原因は不明で、厚労省は12月上旬までに調査団を派遣する準備を進めている。厚労省は12月から来年1月にかけてGSK製3700万人分とノバルティス製1250万人分(いずれも2回接種)を、手続きを簡略化した「特例承認」で輸入する方針を決めている。
posted by 挫其鋭 at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク集1/リンク集2/リンク集3/リンク集4/リンク集5

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。