[スポンサードリンク]

2009年05月05日

東京の病院で診察拒否

東京の病院で診察拒否が問題になっているようです。

引用:Yahoo!ニュース
h ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090505-00000006-mai-soci
 新型インフルエンザへの警戒が強まる中、東京都内の病院で、発熱などの症状がある患者が診察を拒否される例が相次いでいることが分かった。都によると、2日朝〜4日朝だけで計63件に上る。新型への感染を恐れたためとみられるが、感染者が出た国への渡航歴などがない患者ばかりで、診察拒否は医師法違反の可能性がある。大学病院が拒否したケースもあり、過剰反応する医療機関の姿勢が問われそうだ。

 患者から都に寄せられた相談・苦情によると、診察拒否のパターンは(1)患者が発熱しているというだけで診察しない(2)感染者が出ていない国から帰国して発熱したのに診察しない(3)自治体の発熱相談センターに「新型インフルエンザではないから一般病院へ」と言われたのに診察しない−−の三つという。

 拒否の理由について都は「万一、新型インフルエンザだった場合を恐れているのでは」と推測する。拒否されたため、都が区などと調整して診療できる病院を紹介した例も複数あった。「保健所の診断結果を持参して」と患者に求めた病院や、成田空港に勤務しているとの理由で拒否した例もあった。友人に外国人がいるというだけで拒否された患者もいたという。

 国や自治体は、熱があって、最近メキシコや米国など感染が広がっている国への渡航歴があるといった、新型インフルエンザが疑われる患者には、まず自治体の発熱相談センターに連絡するよう求めている。一般の病院を受診して感染を拡大させることを防ぐためだ。だが、単に熱があるだけなどの患者は、その対象ではない。

 都感染症対策課の大井洋課長は「診察を拒否する病院が増えれば、『症状を正直に申告しないほうがいい』という風潮が広まるおそれがある」と懸念している。【江畑佳明】

救急医療で医師不足やベッド不足で診察を断るというニュースは今までも多かったが、診察も出来ないのに救急患者を受け入れるほうが問題なので、救急医療の場合は理由によっては断るべきだと思っている。

しかし、発熱などの症状で病院に行って、診察を断られたら、何のための病院なのかわからない。

新型インフルエンザならば、感染拡大を防ぐ為に専門の医療機関を紹介したりするべきだろうけど、国内ではまだ新型インフルエンザ患者は確認されていない。

過剰な反応というよりも、もっと他に理由があるように思える。

モンスターペイシェント(モンスター患者)の増加やマスコミの偏向報道による影響が大きいと考えられます。

モンスターペイシェントの増加も、もとを糺せばマスコミの偏向報道に由来する場合が多い。

今回の新型インフルエンザ問題も、マスコミの過剰報道が目立つ。

テレビや新聞は捏造や歪曲記事も多いのだから、国民がマスコミの報道に踊らされないように心掛ける必要があると思います。

posted by 挫其鋭 at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(2) | 健康系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

新型インフルエンザ パンデミックの可能性
Excerpt: 新型インフルエンザは、弱毒性のためメキシコ以外では患者が死にいたるケースは少ない。 米国で赤ちゃんが亡くなったが、メキシコ以外では1件だけである。
Weblog: サプケン!
Tracked: 2009-05-05 15:37

新型インフルエンザの対応について
Excerpt: 22日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、神戸発のルポで新型インフルエンザ拡大によって一部、パニック状態になっている日本の対応を紹介しています。
Weblog: 健康ニュース
Tracked: 2009-05-23 18:39
リンク集1/リンク集2/リンク集3/リンク集4/リンク集5

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。